銃が民主主義をもたらしたって話

どうもこんにちは

突然だけど、銃が世の中に民主主義をもたらしたって話を読んだからちらりと書いておこうと思う。

銃の発明以前は、軍事力の担い手は、鎧兜に身を固めた武士や騎士だった

彼らは民衆を支配する階級でもあり
農民や町人が竹やりとかでその支配を覆すのは考えられなかった
だけど、銃はその世界を変えた

銃を使って戦争をすると、銃をたくさん持っている方が有利
だからとにかく頭数を集めて鉄砲隊を作った
ここで軍事力の担い手が騎士や武士から民衆に移った

こうなると、王や貴族も、従来の様に民衆を家畜の様に扱う事は出来なくなって
結果として民主主義をもたらした
だから、欧米では銃は民主主義の象徴とされていて、国民が銃を持つことに対して比較的寛大らしい
日本は民衆が銃を持って民主主義を勝ち取った歴史が無いから、国民が銃を持たない事が当たり前になってる

って話。

まぁ色々思うところはあるけど、面白かった。

まぁ、織田信長もこんなこと言ってたしね

本の内容としては、上で書いたような内容が

「はじめに」で語られている

本全体に対しての割合としては全然大した事ないんだけど

なんか印象に残ってさ

あとは

第一章は

「銃とはなにか」

「銃と砲の違いは?」

「拳銃とはなにか」

「ショットガンとは」

等など

各項目について非常に詳しく解説されていて

俺みたいなゲームから入った、にわかクソヤロウでも楽しく銃の種類について

学ぶことが出来る

第二章に

火薬の発明からどのように現在の銃に進化してきたか

という銃の歴史について

中でも雷管と薬きょうの素晴らしさについて特に熱く語られている

まぁ、織田信長もこんなんなっちゃうしね

あ、因みにさっきからちょいちょい出てくるノブノブはこちら

このドリフターズって漫画に出てくるからぜひ読んでみてね

ちょうおもしろいよ!!

買ったら捨ててもう一回買って・・・ってのを何回か繰り返すと

きっとヒラコーも喜ぶよ!

そんなことはさて置き

3章以降はどんどんマニアックになっていって
3章では弾丸の種類とか

4章ではストレートブローバックとショートリコイルの作動の違いとか

5章はライフリングの加工方法や
ボルトアクションとレバーアクションの動作について

ここまではなんとかついてこれた

因みに細かいとこは省いてるけど、各章の密度がヤバイ

もうこれでもかってぐらい書いてある
7章は弾丸の運動エネルギーや初速

9章に関しては、まるまる一章使って銃床について熱く語ってるもう凄い本

最高の銃床の材料はフランス産のクルミで

しかも

樹齢100年くらいで根元から2mくらいの木の自重で圧縮されて密になっている

部分の柾目

ってもう本当に今後役に立たない可能性が高い知識が学べる素晴らしい本

だって俺、銃床作らないだろうし

何はともあれ、カラーで図や写真が豊富に使われていて本当に素敵

銃ってかっこいいなー

ぐらいのテンションで手に取って、読み終わる頃には

すっかり銃に詳しい人になれる素敵な本

ぜひ!