不法移民強制送還に関するトランプ大統領令を要約した

不法だったら強制送還せな

なんて思いつつ

目にするニュースの論調が大体

大統領令で恐怖する移民 とか

なんか強制送還されちゃう人たち可哀想 みたいな感じが多かったから(気のせい?)

本当はどんな大統領令なのかなぁ、なんて思ったんで

ホワイトハウスのホームページに行って調べてきたよ。

って事で要約するからご覧ください。

大統領令の目的

 

最初は不法移民の強制送還 とかそんな感じのタイトルで検索していたんだけど

不法移民に関する大統領令のタイトルは「アメリカ内の安全の強化」だった

目的はその名の通り、アメリカの安全を強化しようってのが目的

書いてある事をざっくりと訳して要約すると

違法に米国に入国した外国人と、ビザの条件を守っていない外国人(不法滞在者とか)は

アメリカの安全にとって脅威である

いわゆるアメリカのサンクチュアリ・シティは

不法外国人をアメリカから追い出すのを故意に邪魔している

これはアメリカやアメリカ人に不利益を与えている

※サンクチュアリ・シティってのは、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ等の不法移民を保護している都市の事

数万人の不法移民は

その母国が帰国を拒否しているのもあって、全国に散らばっている

不法移民には刑務所に収監された犯罪者も多くいて

アメリカ国内にそのような不法移民が多くいる事

そして彼らの帰国を拒否する外国の対応は国益に反する

不法移民をしっかり取り締まり、外国へ強制送還出来る様に関係各所に指示するのが

この大統領令の目的である。

って感じ

まぁ、日本は移民の国じゃないからかもしれないけど

個人的には普通の事を言っているように思える。

不法なら退去させた方がいいんじゃない?不法だし。

大統領令の具体的な方針

① 全ての不法移民に対して合衆国移民法を忠実に実行する

② 移民法の忠実かつ、効率的な実行の為に利用可能な全ての資源、システムを活用する

③ いわゆるサンクチュアリ・シティには国から資金投入を行わない

④ 退去命令を受けた不法移民を速やかに退去させる

⑤ 不法移民が犯した犯罪の被害者、及び被害者の家族に支援を行う

って感じ

⑤は必要だよね、被害者へ支援は必要だと思う

強制送還される優先順位

 

片っ端から全員退去させてたら時間もお金も足りないって事で

一応優先順位も決まっているみたい

優先順位は以下の感じ

① 刑事犯罪で有罪判決を受けた人

② 刑事犯罪で起訴された人

③ 罰金が発生する行為をした人

④ 政府などの公的機関に対する申請に対して、嘘の申請をした人

⑤ 公的給付の受領を濫用した事(生活保護の不正受給みたいな?)

⑥ 退去命令を受けたけど、居座っている人、または、入管の判断に置いて、危険だと判断された人

優先順位を見るとそんなに文句は無いかな

ここら辺をやっちまった外国人を律儀に国内に留めておく必要はあるのかって話

もちろん、不法じゃなくて真面目に生きている移民の人が不利益を被るのは絶対良くないと思うけど、不法移民だったらねぇ。。。

送還された不法移民を受け入れない母国に対して

嫌だね、不法移民だかなんだか知らないがそっちで適当に処理してちょ!!

そんな国もあるかもしれない

ってかどこだって犯罪者を積極的に受け入れるYO!なんてしないよなぁ

そんな国に対しては

必要に応じて制裁を行う

らしい こわっ

この大統領令の透明性について

とはいいつつも、片っ端から合法違法問わず送り返すんじゃないの?

トランプ大統領だしよー

とか

本当にちゃんと強制送還してくれてるの?

とか

こんな事を思うかもしれないけれども、透明性についても一応記載されている

司法長官は

四半期ごとに以下のデータを収集して提出しなければならない

 

① 連邦刑務所に投獄された全ての外国人の身分

② 連邦裁判所の拘留者として拘禁されたすべての外国人の身分

③ 州刑務所および地元の拘留施設に収容されたすべての有罪判決を受けた外国人の身分

ま、名前と罪状等々は公表されんのかね?

不法移民強制送還に関するトランプ大統領令のまとめ

① 不法移民や不法滞在者はアメリカの安全に対しては脅威だと思う

② 全ての不法移民に対して移民法をきっちり適用して、なる早で退去させるし、移民による犯罪の被害者及び被害者家族には支援するよ。

③ 犯罪を犯した人から優先的に退去させるよ(不法移民自体が犯罪じゃ?)

情報源はこちら

Executive Order: Enhancing Public Safety in the Interior of the United States | whitehouse.gov

それじゃ!

オススメ本