特別防衛監察とは何か調べた

何となく名前がカッコいい

今の段階ではそれしかわからない

と言う事で

特別防衛監察とは一体何のことなのか

今回は誰が誰を調べるのか

そんな感じの事を調べてまとめてみた

防衛監察とは何か

防衛監察 というのが実は3種類あって

その中の一つが特別防衛監察 なのである

具体的に何のためにやっているかと言うと

防衛監察本部が(詳しくは後述)

防衛省、自衛隊の全組織に対して厳格に調査、検査をして

職員の職務執行の適正を確保している

つまり職務で変な事してねーか監査する組織って事か

んでもって、さっきも言ったけど

防衛監察には以下の3種類があってだな

① 定期防衛監察  毎年度計画に基づき実施する監察

※毎年30-40ヵ所に対して実施しているらしい

② 特別防衛監察  防衛大臣が特に命ずる事項について実施する監察

③ 点検防衛監察  改善措置の状況について実施する監察

ってこんな感じ

今回は2番だね

防衛監察の流れについて

んでもって通常、防衛監察がどの様なフローにのっとって行われるかは以下を見てくれ

まぁこの時点で色々思う所はあるかもしれないけどとりあえずはこんな感じだ

改善措置命令があった部署にはそのあとに点検防衛監察が入るのかな??

防衛監察本部とは何か

防衛監察本部とは

大臣直轄の組織であり

自衛隊、防衛省の全組織に対して独立した立場から調査、監査出来る組織なのである

例えば防衛省に対してだったり

防衛大学校に対してだったり

防衛研究所に対してだったり

本当に全組織に対して調査、監査の権限があるのだ

いいね、直轄の組織 カッコいい

俺も大統領直轄の特務機関 とかに所属したい

んでもって防衛監察本部には、法務省だったり公正取引委員会だったりと

自衛隊や防衛省以外からの人材も登用しているのである。

身内だけだったらなあなあな監査になりかねないからって事かな?

防衛監察本部組織図と定員

簡単に書くとこんな感じ

 

因みに監察班の定員は

第一監察班・・・・6人

第二監察班・・・・4人

第三監察班・・・・5人

第四監察班・・・・5人

第五監察班・・・・5人

第六監察班・・・・5人

第七監察班・・・・6人

となっております

防衛監察で出来る事

んじゃ防衛監察についてどんな決まりがあるのよ

防衛省訓令第57号より

※因みにこのときの防衛大臣は小池百合子大臣

※長いのである程度要約してます

(防衛監察監等の権限)

第三条 防衛監察などは実施に当たっては次に掲げる行為を行う事が出来る

1 機関などの関係者に対し、文書、口頭による説明又は報告を求める事

2 機関等の関係者に対し、書類その他の物件の提出を求め、または提出された物件を留めておくこと

3  機関等の必要な場所に立ち入り、業務及び財産の状況並びに書類その他の物件を検査する事物件を検査すること。

と、上記3点の様な事が出来ます

因みに監察を受ける側は

(防衛監察の実施に対する協力義務)
第5条

防衛監察の対象となった機関等の関係者は、防衛監察監等から書類その他の物件の提出 説明等を求められたときは、これに誠実に協力しなければならない。

と、協力しろよ

ってのも決まっております

後は監察監は厳正かつ公正を旨としろよとか

資料をしっかり集めて正確な事実を把握しろよ とか

改善策や意見をいう時は理論に走りすぎることなく、かつ機関などの事情に妥協する事ないように努めろよ

とか結構難しいミッションが与えられているので興味ある人は読んでみて下さい

稲田朋美防衛相に聞き取り実施に関して思う事

特別防衛監察は

防衛大臣が特に命ずる事項について実施する監察

っつーことってのは分かった

だから今回は

① 防衛大臣が命じる

② 防衛監察本部が計画作成

③ 大臣が承認

④ 監察実施

⑤ 結果・改善策を大臣に報告

⑥ 大臣による改善措置命令

なんだけど

上の記事見ると 特別防衛監察として稲田大臣に聞き取りするの?

っぽい事書いてあるんだけど

っつーことは

大臣に聞き取る計画を大臣が承認して

んでもってその結果を大臣に報告するのか なんか面白れぇな

※今回の特別防衛監察は大臣に聞き取りをするだけ では無い様です

あくまで特別防衛監察の一部に大臣の聞き取りがあるようですので念のため

それでは!!

以下 ソースです

業務概要・関係法規等:防衛省 防衛監察本部