【2019年版】買ってよかったオススメの海外旅行グッズを紹介する

ヨーロッパでの出張及び、東南アジアでの海外旅行が多く
少ない荷物で快適に過ごす用のグッズを集めた
現在は海外旅行に行くことは少ないが、参考にしてほしい

飛行機で快適に過ごせるオススメグッズ

まずは飛行機、フライト中に快適に過ごすために買ったグッズを紹介

6時間以上かかるフライトになってくると、ただ座っているだけだと大分辛いので購入した

飛行機での耳の痛みを軽減 サイレンシア・フライトエア

created by Rinker
DKSHジャパン
¥796 (2020/07/15 10:44:30時点 Amazon調べ-詳細)
離陸時、着陸時等、気圧の変化で耳が痛くなった経験がある人も多いと思う
その耳の痛みを軽減してくれるのが、この耳栓、サイレンシア・フライトエアーである
耳栓の軸のところに穴が空いていて、そこにパーツが入っており
それが気圧の変化に対応してくれるため
何回か使用したけれども確かに離着陸時の耳の痛みは軽減された。
いちいち耳抜きしなくて済むのは楽である
また、機内の騒音、雑音はしっかりシャットアウトしてくれるが
人の声、機内アナウンスはしっかり聞こえるので
離陸から着陸までつけっぱなしにしていても問題なかった
耳抜き苦手な人や、毎回耳が痛くて困る人にオススメ

空気ポンプ付き、小さく畳めるネックピロー

長時間のフライトに欠かせないのがネックピロー
あるのと無いのとでは寝やすさが全く異なる。
そんな中でもオススメなのがこのネックピロー
良い所は何点かあり
①小さく畳んで持ち歩ける
空気式だから、空気を抜いたら写真の様に小さく畳める所
ビーズだったり、クッションでできてるネックピローもいいが
折りたためないから意外と場所を取ってしまう
その点コレなら、空気さえ抜いてしまえばそれなりの小ささになるから
カバンの隅っこにでもいれておけばいい
荷物は小さいに越したことないのでとても便利である
②ポンプで空気を入れる事が出来る
 

 

左下に丸っこい膨らみがあるのが確認出来ると思う
この膨らみがポンプになっていて、これを何回かペコペコ押すことで
本体に空気が入っていく仕組みとなっており
自分でフーフー吹く必要がなく、とても静かで目立たない
③首の支えが良い感じ
後頭部が当たる部分が少し膨らんでいるのが確認出来ると思う
この膨らみが、枕を自分にセットした時にちょうど良く頭を支えてくれる
斜め上を見ながら寝るときに、頭がしっかりと支えられているので非常に寝やすい
ちょっとした揺れ程度なら気にせずに眠る事が出来る。
長距離フライトや、夜間フライト等でしっかりと眠りたい人にオススメの一品

耳が痛くならず、瞬きも出来る立体型アイマスク

飛行機で寝るときに欠かせないもう一つのアイテムがアイマスク
これがあると、隣の人が読書灯点けてたりしても気にせずに眠る事が出来る。

これの良いところは2つ

①耳に掛けないので、耳が痛くならず、マスクと併用できる

見ての通り、これは耳に掛けて使用するタイプではなく、ゴーグルの様に

頭に直接装着するタイプだ

だから、長時間点けていても耳が痛くなることは無いし、口や鼻を覆うマスクと

併用する事が可能。

②目の部分に窪みがあり、瞬きも可能

昔のアイマスクは、窪みが無かったため瞬きをすることが難しかった

だけどこれは目の部分に窪みがあるため、圧迫感も軽減され

中で目を開ける事も可能なのである。

装着してもリラックスした状態で居られると思う。

喉の乾燥を防ぐ 濡れマスク

飛行機の機内は結露を防ぐためにあえて乾燥させている

JAL – 航空豆知識

上記リンクでも小まめな水分補給が推奨されている

乾燥している中で長時間過ごしたり、眠ってしまったりすると

どうしても喉がイガイガしたり、痛くなったりしてしまう。

それを防いでくれるのがこの、のどぬ~る濡れマスクである。

これは濡れたフィルターをマスク内側に挿入することが出来る

呼吸をする時に、空気が濡れたフィルターを通過するから

一定の湿り気がある空気を吸入する事が出来

このマスクの効果は10時間のため、ヨーロッパ程度ならギリギリ片道1枚で過ごす事ができる

2019年 最高の旅行用カバン

今年買って最高に気に入った旅行用カバンを2つ紹介する

機内持ち込み可のリュックと

盗難防止機能が付いたボディバック

リュックとバックの軽装で旅行したい人にオススメな一品だ

機内持ち込み可能な大容量リュックサック Eaglecreek ギアハウラー

created by Rinker
Eagle Creek(イーグルクリーク)
¥17,600 (2020/07/15 05:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

まず一つ目がこのギアハウラー
このギアハウラーの最強な所を紹介したい。
①容量51LなのにLCCの機内にも持ち込み可能

この17ギアハウラーは容量が51Lと中々の大容量
だけれども、サイズが35×56×23cm LCCの機内にも持ち込めるサイズなのである
1週間程度ならこれ一つ持っていけば十分
※LCCの場合持ち込み重量には気を付ける必要があるが。。。
それに加えて、バック本体の重さが1.08kgと軽い
荷造りするときの盲点であるバック本体の重さも、これならあまり気にする必要が無い。
 ②全ファスナーに南京錠をセット可能
メインとサブ、どちらのファスナーにも南京錠セット用の穴が付いている
リュックを背負って街を歩く時も安心である。
③汚れ物を入れる耐水性ポケットあり
リュック下部(画像左側)に、濡れた物を入れても染みない耐水性の素材で出来たポケットが付いている
ちょっとした汚れ物や、水着を入れるのに便利
因みに俺はビーチサンダルをぶち込んでいました。
④PC、タブレット収納スペースあり
服などの大物を入れるメインのスペースと、書類やPC、タブレットを収納するサブのスペースがある
この画像のポケットがPC等を入れるスペース、クッション素材で出来ているので、PCも安全に持ち運ぶことが出来る
⑤盗難されにくい設計
このギアハウラー、背負った時に後ろから中身を抜かれないように
盗難されにくい設計になっている
というのも
背負った時にチャック類が外側じゃなくて、自分の背中側に来るようになっている
後ろから見るとこんな感じ
こっそりチャックを空けて盗むのが中々難しそうなデザイン
人込みでもそこまで神経質にならずに済む

スリ被害に合いにくいボディバック 「パックセーフ ボディバッグ」

これは最高過ぎるんで別で一本記事を書きました、こちらを読んで下さい

日本で購入可、開通済みでテザリングも出来たヨーロッパ周遊プリペイドSIM

ヨーロッパ出張の時に役に立ったプリペイドSIMカード
日本で購入可、手元に届いた時には開通済みなので、現地に着いたらスマホに挿すだけで
すぐ通信が可能

因みにヨーロッパの国は大体カバーしているので、これ1枚あれば大体の出張や旅行は問題ないはず。

 

筆者の場合、一つの国に2泊程度しかせずに次の国に行ってしまう出張が多いので
いちいち訪れる国でプリペイドSIMを買うよりかは
日本でこういう周遊SIMを買ってしまう方が楽なのである。

 

同じように何か国も周遊する方にオススメ
30日間有効で通話も可能、しかも容量は9GB まあ大抵の人は十分事足りると思う

3000円程度なら十分な一品では無いでしょうか

因みに2019年11月時点ではイギリス、アイルランド、オランダでこのSIMカードを使いテザリング可能でした
そこそこの速度で問題なく通信出来ました。
ご参考まで