麻原彰晃が出願した焼却炉とは? 「知られざる特殊特許の世界」 レビュー

何故この本を読んだのか

麻原彰晃が出願した焼却炉とは?という紹介文に惹かれ
怖いもの見たさで購入

created by Rinker
¥1,408 (2020/07/12 04:43:57時点 楽天市場調べ-詳細)

レビュー

実際に特許などに関する出願、申請の業務に携わっている弁理士の方が著者であり
さすが本職だけあって申請から権利化までをわかりやすく解説してくれている
ちなみにこの本に載っているのがいわゆる「とんでも」な特許であり
ほとんどが実際に権利化される事もなく、申請のみで終わっている
そういった物に対しても 何故権利化できなかったのか についてきちんと解説されているため
単なる「とんでも」を列挙した本ではなく、しっかりと知識を増やすことができる

肝心の麻原彰晃、オウムが出願した焼却炉だが
こちらは結果的に取り下げとなっている
しかし、怖さを感じるのはここからであり
この焼却炉は物としての完成度は高く、実働可能である事

さらに提出の書類の体制も精査されたものになっていたが
代理人として「弁理士」の名前が載っていなかったそうだ

これはつまり、オウムの内部にかなり特許を書きなれた人物が居て
その人物が作成した物と間違いないと考えられる。

この焼却炉以外にも今まで出願された「とんでも」な特許のエピソードが列挙されている

念力を用いた「神薬」の特許は当然ながら却下されているが
中には通ってしまい権利化されたものもある

開発や知的財産に関わる業務を行っている私の様な人間が暇つぶしに読んでみるのも良いかもしれない

created by Rinker
¥1,408 (2020/07/12 04:43:57時点 楽天市場調べ-詳細)